阿蘇西原新聞は阿蘇西原の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

落花生豆腐で有名な『樂や』の新たな挑戦!

西原村で落花生を栽培し、落花生豆腐などを製造する『樂や』。
言わずと知れた総菜の名店でもあります。

その代表を務める西原村在住の小城(おしろ)要一郎さん。
西原村と言ったら、小城さんのことを知らない人はいないんじゃないか?というほど、西原村LOVEの方です。

nisihara041_R

実は、小城さんが経営される『樂や』の加工所は、熊本地震で大きな被害を受けた西原村から南阿蘇村に続く道路沿いにありました。
加工所近くにあった橋は大きくずれ、数か月の間は一切通行禁止となっていました。

そんな厳しい状況から、小城さんは地震後に新たな場所で加工所をスタートすることを決断されました。

nisihara044_R

西原村の滝地区と呼ばれる場所です。
近くには、あの有名な観光スポット、白糸の滝があります。

小城さんは、ご自身も被災して本当に大変な状況にも関わらず、発災直後から支援物資を持って避難所などを駆け回り、更には西原村商工会青年部の部長を務め、西原村の復興を目的として立ち上がった「にしはら福幸協議会」の会長も務めていらっしゃいます。

gakuya002_R

そんな父親の背中を見ていた小城さんの娘さんは、

「学校を卒業したらお父さんと一緒に家業を継ぐ」

ことを決断されました。
本当に素敵な話です。

「自分が創業した4月21日に、ここからスタートします」

小城さんは、娘さんとご家族みんなで新しい出発を予定されています。
詳細は明かせないのですが、地域や観光客の方々に喜んで頂ける場所になりそうです。

「音楽イベントもできる場所にします」

そう目を輝かせて語ってくださいました。

nisihara033_R

nisihara035_R

nisihara039_R

そして、小城さんは、もう一つ素晴らしい企画を考えていらっしゃいます。
熊本地震で農地が被害を受け、米から大豆に転農される農家さんがいることを知り、なんと、その大豆を使って自家製納豆を開発中です。
これがまた、大豆の味がしっかりしていて「大豆を食べる納豆!!」という味に仕上がりつつあるようです。

nisihara043_R

こういった取り組みをしながら、さらに滝地区の空き家を活用し、地域活性化も計画されているとのこと。
これからの小城さんの取り組みが本当に楽しみですね。

また、追ってお知らせしていきます。
どうぞお楽しみに!!!

4月21日にはイベントも企画していますので、お忘れなくですよ。

Share (facebook)