阿蘇西原新聞は阿蘇西原の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

黒川温泉街の『いご坂陶庵』の店主がスゴ過ぎる!

IMG_3637

この素敵な柄の陶器。
これらをセレクトしているのは、黒川温泉街のいご坂にある『いご坂陶庵』店主の大友千語(せんご)さん、82歳。

もう一度、言います。
店主の大友さん、82歳

IMG_3648

めちゃくちゃお元気です。

7b510cc5942959f88cff4b60ac275419_t

店頭に並ぶ陶器は、主に九州各地から大友さんが直接足を運んでご自身の目で選んできたものだけ。

その取り扱う窯元の数は、約100人!
伊万里焼、波佐見焼、三河内焼、唐津焼、武雄焼。
驚いたことに、毎月、それぞれの窯元を訪れるそうです。

すご過ぎます。

そして、見てください、この店内!
とてもカラフルなんです!

IMG_3638

「どれもね、一点ものの手作りなんです。同じものは1つもない。それがいいの」

何だろう、このセンスの良さ。
とても82歳の男性がセレクトしているとは思えない器ばかりが店内でひしめき合っています。
どこかほっこりする、温かみのある器ばかり。

IMG_3642

「娘には、そろそろ後継者を見つけて、もうやめてねって言われるとです」

と言う大友さん。
若さの秘訣は、接客業をしているからだそう。

「やっぱり人と話すと若いとでしょうね」

そう話していると、店内に外国からのお客さんが。

IMG_3657

黒川温泉には、海外からの観光客も多く、色々な国の人がくる。
でも、どんなお客さんが来ても、穏やかに、そして時にはジョークも交えながら接客していらっしゃいました。

82歳、現役店主

熊本地震では、大切な陶器が壊れ、400〜500万の損害が出てしまったものの自力で復旧されたそうです。

いつまでも、これからもお元気でお店に立って頂きたいです。
黒川温泉に行った時には、ぜひお立ち寄りください。

いご坂陶庵、毎週木曜日のみ店休です。

Share (facebook)