阿蘇西原新聞は阿蘇西原の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

南阿蘇村メルヘン村の栗原さんの『想い』

南阿蘇村には、熊本地震から1年8ヶ月経っても何も復旧していない場所があります。
南阿蘇村河陽にあるメルヘン村です。

meruhen400013_R

meruhen400007_R

九州でも歴史のあるペンション村で、6軒のペンションが軒を連ねていました。
多くのファンが通う観光スポットで昔から南阿蘇村の観光業を盛り上げてきたのです。

ところが、2016年4月の熊本地震で壊滅的な被害を受け、メルヘン村を通る私道は崩壊、そこまでたどり着くための県道も崩壊、さらに、建物自体も大きな被害を受け、現在は解体が進み、ほとんどが更地に変わってしまいました。

meruhen400003_R

このメルヘン村で地震前まで、ご自身もペンション経営をされていた栗原有紀夫さん。
現在は、メルヘン村の再建のため、ひたすら動き続けていらっしゃいます。

『妻が46歳で頑張って産んでくれた子どもです』
栗原さんは、愛おしそうに目を細めて、スマホに写る2人の子どもさんの写真を見せてくださいました。

meruhen400002_R

「この子達のために絶対に再建しなきゃいけないんです。だから、絶対に諦めません」
栗原さんは、真っ直ぐ前を向いていらっしゃいます。まだ、メルヘン村が抱える問題は多くあるそうですが、きっと、栗原さんは再建を果たすことでしょう。

地震からの復興は、コレ!というマニュアルがありません。
10人いれば、10通りの復興への道のりがあります。

meruhen400001_R

メルヘン村が無事に再建し、また賑やかな声が戻ることをイメージして、応援し続けていきましょう!!

Share (facebook)