阿蘇西原新聞は阿蘇西原の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

画家が経営する南阿蘇村の森カフェ『cafe 緑の小箱』はペット同伴可能です!

平日のお昼頃、お腹が空いて南阿蘇村をウロウロしていると・・・
一見すると開いてるのか分かりにくいけど、可愛い赤い看板が目印のお店を見つけました。
cafe 緑の小箱』です。

店内に入ろうとしたら・・・。
なんか、おる

IMG_6164

拡大します。

IMG_6161

なんか、おった

悪そうな目つきでコチラの動きを偵察しているこの子は、看板猫の『チボリちゃん♡』。女子です。見かけたら、女子への対応でお願いします。

さて・・・という訳で、店内へ。

IMG_6159入り口がすでに素敵

「あら?お一人?いらっしゃい」と、優しく出迎えてくださったのが、15年前に福岡から南阿蘇村に移住して来られた画家の松尾明美さんです。

IMG_6154松尾さんです。毎朝、お花を飾るのが日課です。とてもセンスのいい花でいっぱいです♡

はっきり言って、入った瞬間、空間の美しさに感動します。
今のような、緑が生き生きした季節なら、誰でもが・・・例えるなら、中年男子の皆さまでさえわぁ〜♡♡♡と悲鳴を上げるに違いありません(笑)

IMG_6174こんな特等席があります!すぐ近くに野外劇場アスペクタのステージが見えます

テラスがあって、窓も全開で、気持ちいい風が少しだけ吹いていて・・・ここに住みたい!!!と、思わせるような場所です。そして、何とこんなに素敵な空間にペットと入店できるというから、これはスゴいです。

「うちはね、ライオンだっておとなしかったら来てもいいのよ?大型犬だって大丈夫なのよ」

f85ba4b4de4aca8154ed2af9300995eb_t

え?ライオンもですか・・・笑。色々と突っ込みたい気持ちを我慢して、店内を見渡すと、松尾さんの絵画がたくさん飾られています。優しい色合いで、繊細。お人柄が滲み出ているような作品ばかりです。

「私の絵はね、女性にもだけど、男性にも人気があるのよ。お好きな方は、お一人で15点ほど持っていらっしゃるの。その方がね、『まるで南阿蘇のルノワールだ』って言ってくださって。嬉しいわね。私の恩師が本当に素敵な恩師だったの。いつも言われていたわ。『いい絵を見て、目を肥やしなさい』って。だから、ヨーロッパに旅をして、美術館で絵を見て、景色を写生して、写真を撮って・・・ってね。本当はね、熊本に地震がくる少し前に、イギリスのコッツウォルズに行く予定だったの。でも、地震がきてしまったから行けなくなったわね・・・。でも、ここの場所は、ほとんど被害は無かったのよ」

IMG_6168お店のメニューは松尾さんの手描き

地震の被害はほとんど無かったそうです。地震後には、地元の方からの依頼でお店を開店されていたそうです。

「お店の前が唯一の通れた道路だったの。だから、コーヒーだけでもいいのなら・・・と思って」

同じ南阿蘇村でも被害の違いが大きかったのですね・・・。あっ、ついつい、お喋りに夢中になってしまいました(笑)
ご飯を食べに来たのでした。

さて、お店のメニューは『阿蘇赤牛カレー(サラダ・スープ・ドリンク付き)』のみです。

「うちはカレーファンの方が多くて。15年間ずっとカレーを食べに来てくださるお客様もいらっしゃるの。阿蘇は地元の食材が美味しいでしょう?季節に採れる野菜をお出しするのよ。海のものはお出ししないの。私はエビなんて大好物なんですけどね・・・海のものは海のお店にお任せ、ね」

なるほど。どんなカレーが出てくるのか、楽しみ待っていると、美味しそうなスープからサラダから出てくる出てくる。

IMG_6176この日は生しいたけがプカプカと。風味が良く優しい味のスープでした

IMG_6178サラダには、バナナと阿蘇のイチゴが!!

IMG_6183赤牛カレーには季節の野菜がのっています

そして・・・。ケーキを注文すると、その盛り付けがインスタ映えする感じです。

IMG_6192添えてある植物は、さっき摘みに行ってくださったもの。美しいです

松尾さんがつくられるカレー、辛いです。美味しいです。ボリューム多めです。食べられるかな?なんて思いましたが、ぺろっと食べられました。なんていうか・・・一気に食べたくなる辛さで食べていると身体がポッポッしてくるのが分かります。スパイスを食べている感じです。コクもすごくある。

このカレーにファンがつくのが分かる

「これならお客様にお代を頂いてもいいって思えるまで研究しました。私のカレーは、本当に愛情込めて手作りしますから♡」

松尾さんは、カウンター越しに来店した方と色々なお話をされるようです。この松尾さんとの語らいも、このお店の魅力です。

「これからも私は愛と感謝だけで阿蘇で生きていきます(にっこり♡)」

阿蘇が大好きで、「『地元の方からは緑の小箱のママは魔女だ」って噂されながら、ここにいるのよ(笑)」なんて笑いながら、本当に楽しくランチを頂きました。
フラ〜っと入ったお店ですが、素晴らしい空間と美味しい食事と楽しい語らいができて、大当たりな『cafe 緑の小箱』でした。

水の音と鳥のさえずりが響く森カフェへ、ぜひ、おとなしいライオンと一緒に♡

cafe 緑の小箱
営業時間11;00~17:30
ランチ 11;30~16:00
お休み 毎週火曜日 
    ※6月〜は毎週火曜・水曜

Share (facebook)