阿蘇西原新聞は阿蘇西原の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

南阿蘇村の最高の立地に斬新過ぎる『one day&one シェフの店』が誕生!

西原村方面から高森町方面に向かっていると、西部開発さんがあります。
その手前に、山小屋のような可愛らしい平屋が見えてきます。

それが、『one day&one シェフの店 葉な木(はなもく)』です。

日替わりでお店が変わります

IMG_6906

その斬新な営業スタイルの第一号となったのが、植野美千代さんです。
実は、阿蘇西原新聞の編集長BENの友犬、ドーベルマンのジェミニちゃんの飼い主さんです。

IMG_0543
とっても賢くて優しい『ジェミニちゃん』。いつ見ても艶やかな毛並みが羨ましい限り

植野さん、とっても料理が上手で犬友さんから定評が。早速、オープンの噂を聞きつけ、行ってきました♡

IMG_6886どれも食べてみたいメニューです

オススメのローストビーフ丼を♡

IMG_6876

これ、はっきり言って、反則です。
だって、美味し過ぎますモン。

2d11e00c68221741f7997095682c179e_t

何が美味しいって、ローストビーフが美味しいのはもちろんですが、『タレ』が・・・何というか、追いかけたくなる美味しさ。ひと口食べたら、すぐ間を空けずに次を食べたくなる感じ。
そんなタレとローストビーフが口の中でコラボするんですから。

IMG_6879南阿蘇村のアスパラや人吉産のサラダ玉ねぎが!

「お店に行って、ちょびっとしかないサラダほどイヤなものないから、大盛りにしてる。昔から美味しいものを食べに行くと何で作っているのか、とか、調味料は何を使っているとか、お店の方に聞いて研究したりしてたかなぁ」

IMG_6885そして、このミカンの缶詰が汁ごと投入されたオカラの和えもの。これがまた驚く美味しさです

IMG_6880そして、ミソスープ、うんまい♡

そして・・・

IMG_6900

ノンアル&おつまみ♡
これだけ美味しいローストビーフ丼が食べられるとは、今日は本当にラッキーでした!
植野さんのお店は、なんと!!

植野さんのお店、5月5日と6日のみですよーーーーーーー!

大変、大変!ぜひ、このタイミングを逃さず、食べに行ってくださいね。
そして、このレンタルスペースと日替わりシェフという斬新なアイデアを思いつき、実行されたオーナーが南阿蘇村のあそ望の郷の敷地内で『葉な木(はなもく)』を営む宮地博子さんです。

「ここで、とにかく楽しいことをして欲しいの」

とのことです。募集も随時しているとのことです。お問い合わせは、宮地さんへ。0967-67-1910です。

・・・じゃあ、阿蘇西原新聞もやろうじゃないか

ということになりました。

5月3日は阿蘇西原新聞商店がオープンします!

ひゃっひゃっひゃっ。

ところで、今日、取材で植野さんがつくる料理を頂いて一番感じたこと・・・それは・・・

植野さんのご家族は羨ましい!
あんなに美味しい味付けで毎日ご飯が食べられるなんて・・・♡

Share (facebook)